初心者のためのNDIR情報サイト

このサイトでは、NDIRセンサー用ランプのメリットから欠点、製造販売、寿命について紹介をしたサイトです。
特にガスなどの気体の流量を測定するシーンで活用され、センサー用ランプとして多くの産業でも幅広く用いられています。
NDIRの方式では直接的な呼気と接触する部分を持たないことで、機器自体の寿命が長くいつまでも使いやすい特徴を持っています。
他にも常温下での精度にも優れていおり、センサーとして利用しやすい点も存在します。

NDIRセンサー用ランプのメリット・デメリット

NDIRセンサー用ランプのメリット・デメリット NDIRセンサー用ランプは、赤外線ランプを照射しその検出部に到達するための透過率を分析することで、ガスの流量を測定することが可能です。
ガスの流量や濃度を計測する方法には幾つかの方法が存在しますが、NDIRセンサー用ランプには他に見られないメリットが存在しますが、反対に欠点も見ることができます。
まず大きなメリットは直接的に気体と接触する部分を持っていないため、機器自体の故障が起きにくい点があり、長寿命となります。
また常温時の測定でも精度の高いデータを取得することが可能です。
一方、デメリットには機器装置の規模が大きくなってしまうこと、非常に高価になること、検出部の結露や煙が存在するなどで微妙に精度が失われてしまうことがあります。

NDIRセンサー用ランプにはデメリットも存在するので注意が必要

NDIRセンサー用ランプにはデメリットも存在するので注意が必要 NDIRセンサー用ランプによる測定方式は、光源から赤外線を測定したい箇所に照射を行い、化学フィルターと増幅器を用いた検出部で、気体に含まれるアルコール濃度などの物質を検出する方式です。
気体分子には光源から照射された赤外線を吸収する帯域が存在するため、その波長の違いを捉えることで計測していきます。
光源に使用されるのはNDIRセンサー用ランプとなり、ガス濃度が高い場合には赤外線が吸収され透過率が悪くなります。
もっともNDIRセンサー用ランプから照射された赤外線が透過率を悪くする要因には、埃や結露、タバコの煙などの影響を受ける可能性があります。
従ってデメリットは、そういったガス気体以外の透過率を悪く物質が存在してしまう場合があることです。
またNDIRセンサー用ランプは、現在では安価になっているとはいえ、赤外線を捉える検出装置などを構築する上では大がかりになることもあり、トータル的な導入コストが高価になってしまう場合も存在します。
他のデメリットには、NDIRセンサー用ランプから照射される赤外線を吸収する帯域に違いが見られない気体も種類に分かれてしまうことです。
つまり透過率を検出してもガスの種類までを特定することができない点があります。

NDIRに関するお役立ちリンク

NDIRセンサー用ランプ

新着情報

◎2018/12/10

サイト公開しました

「センサー メリット」
に関連するツイート
Twitter